2016-02-12 09:04 | カテゴリ:未分類


こんにちは(^_^)v

メダカの撮影が難しい理由は、
被写体が小さい、動きが予測不能、ガラス面の反射等、
悪条件の オンパレードです。

今日の写真は、今日はコンデジでの撮影です。
設定はオート(カメラ任せ)

IMG_0227.jpg

水槽のバックにグリーンの紙を置いてみました。

IMG_0244_201602120822004ab.jpg

動き回るメダカは、なるべく早いシャタースピードで撮ることです。
そのために、電気スタンドで真上から補助光を当ててます。

IMG_0247_20160212082206930.jpg

カメラを構えたら、メダカが画面に入ってくるまでひたすら待ちます。

IMG_0252_20160212082209ccd.jpg

IMG_0259_20160212082327cdd.jpg

IMG_0246_20160212082203559.jpg


■まとめ

横見の写真は前面のガラスは綺麗に拭きましょう。
折角、良い写真が撮れてもガラスの汚れで台無しになります。
奥の方のメダカは撮っても綺麗には撮れません。
いくら透明水と言えども奥のメダカにはピントが合いません。

屋外と違ってシャッタースピードか遅くなります。
室内撮影の場合は手振れ、被写体ブレに注意が必要です。

解決法としてISO感度を上げてやる方法です。
手振れを防ぐために、私は800以上に設定しています。

最初から上手に撮れる人なんて、いないと思います。

何ごとも練習ですね。








最後までご覧頂きありがとうございます。
お帰り前に「応援ぽち」をしていただけると、うれしいです。
(^^) あなたの応援が更新の励みです! (^^)

↓↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
<<観賞魚(メダカ)のランキングが表示されます。>>











スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://katsuyuki99.blog.fc2.com/tb.php/1418-d5d71a04