FC2ブログ
2011-12-18 13:00 | カテゴリ:未分類

今日は愛用の撮影機材を紹介します。
デジイチとコンデジを使い分けています。
デジイチには、100ミリのマクロレンズ+PLフィルター装着。
望遠系の100ミリが付いていますのでそれ程近づかなくても
自然に近いメダカのアップ写真を狙えます。
PLフィルターは太陽光の反射対策です。
反射は完全には消しきれませんが無いよりはマシでしょう。
メダカ撮影時の設定はシャッタースピード優先でピント合わせは手動です。
欠点は重量が重いこと、、水の近くで撮るので落としたら速アウトです。
レンズが望遠系なので遠くに離れないと画面に収まらないこと。

本体:キャノンEOS60D レンズ:Tokina AF100maro+PL




その時はコンデジの出番となります。
コンデジは広角から望遠まで写すことが出来ますが、
ピント合わせがオートのみのため微妙なピントは合わせられません。
しかし、ちょっとした※テクニックでピントピッタリの写真が撮れます。
また、このカメラの凄いところは水中写真も動画も撮れちゃいます。
10メートル防水と耐ショック1.5メートルのアウトドアカメラです。
顕微鏡モードで肉眼では見えづらいものまで写せます。
動画を撮る時もこのカメラを使います。

※浮いてきたメダカ限定マル秘テクニック

1.浮き草等浮かべておきピントを合わせる。(シャッター半押)
2.カメラを前後に動かしてピントを合わせる。(ピントの微調整)
3.メダカ追わずメダカが構図に入って来たらシャッターを押す。

他のカメラでも応用が利くかと思います。

PENTAX WG−1GPS





メダカの写真が難しいと言う人と易しいと言う人がいます。
私自身5ヶ月間写真が撮れなくて悩みました。
ある原則?を見つけました。
人物の撮影でもそうですが写真は目が命だと思います。
目にさえピントが合っていれば他はボケていても
写真的には結構見られると思いませんか?
それ以来メダカと目が合ったらシャッターを切ってます。(笑)

最後にデジイチとコンデジの画質の違いについてですが
撮影条件はまったく同じで撮った写真の比較です。


↑デジイチ(バックのボケて底床が見えず主体を引き立てています。)


↑コンデジ(ピントが合いすぎて底床が微かに見えます。)

デジイチの長所・短所、コンデジの長所・短所、お互いカバーし合いながら
今後も写真を撮りたいと思っています。


ご訪問ありがとうございます。
一言、感想コメント頂けたらうれしいです。
・・
・・
・・
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いいたします。
↓↓
メダカブログランキング
投票用ボタン

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


観賞魚(メダカ)ランキングが表示されます。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://katsuyuki99.blog.fc2.com/tb.php/181-9b2a13eb