2012-09-07 11:35 | カテゴリ:三色錦
ブログ村、観賞魚(メダカ)ランキングに参加しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村


残暑の厳しい日本列島ですが、朝晩は秋を感じさせる季節となりました。
でも日中はまだまだ太陽光が痛いです。

そんな中、あえて太陽が燦々と注ぐ炎天下にメダカ容器を置き、
写真を撮ってみました。

理由は、メダカの色が本物により近い表現となるからです。

ここで少し露出の勉強をします。
カメラが露出を計算する場合、測光方法として
中央部重点測光、スポット測光、部分測光、多分割測光等ありますが、
普通のカメラの場合、平均測光が多いです。

明るいところと暗い所(全体)の平均値を計算しますので、
思った色がでないのではと私は思います。

ホワイトバランスは「オート」よりも「太陽マーク」をお薦めします。


写真データ:
Canon EOS60D、1/350、F8、ISO 1600、100ミリマクロ、PLフィルター




紅白ペア、紅桜。









ホワイトバランスがオートの場合(露出オーバー)














我が家唯一のアルビノです。



写真データ:Canon EOS60D、1/350、F8、ISO 1600、100ミリマクロ、PLフィルター


露出はピントと同じくらい大切だと思います。
たとえピントが合っていても明かり過ぎたり暗すぎたりしたのでは、
写真が台無しですね。

写真は、ピント、露出、構図(シャターチャンス)が全て揃って完璧になるのです。
頭では理解していても、難しいのが写真です。


ご訪問ありがとうございます。

ブログ村、観賞魚(メダカ)ランキングに参加しています。
1日1回ポチッとよろしくお願いします。
↓↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

<<観賞魚(メダカ)のランキングが表示されます。>>
(^^) あなたの応援が更新の励みです! (^^)

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://katsuyuki99.blog.fc2.com/tb.php/447-c3320f09