2013-08-26 09:28 | カテゴリ:未分類


こんにちは♪

ブログ村、観賞魚(メダカ)ランキングに参加しています。

---------------------------------------
最後の応援ボタンで投票となります。
よろしくお願いいたします。
---------------------------------------

この親にしてシリーズはあと1回で終了します。
楊貴妃アルビノの予定ですが、稚魚が育ってくれません。
小さくて写真が撮れていません。
稚魚がもう少し大きくなるまで延期となります。

・・・と言うことで、

今日の記事はハッキリ言って気持ち悪いです。
心臓の悪い方はこのままクローズした方が良いですよ~。
(ほんとうにあった怖い話)

好奇心がある方は読み進んでください。

タイトル「動く針金」ですが、ズバリ「ハリガネムシ」です。
昨日メダカ友達の家に遊びに行ったときのことです。
メダカ容器の縁にカマキリが止まっていました。
そのカマキリは何を思ったのかメダカ容器にダイブしました。
(一説には寄生した昆虫の脳を支配するとか)
するとお尻からハリガネ状のムシがにょろにょろと出てきました。
それは、恐ろしい光景でした。

(携帯カメラ使用)
DSC_1527.jpg

DSC_1524.jpg

DSC_1525.jpg

ト音記号?

DSC_1526.jpg

DSC_1528.jpg

DSC_1529.jpg

DSC_1530.jpg

DSC_1531.jpg

下記HPを参考にさせていただきました。
詳しく知りたい方は参考にどうぞ・・・。


http://www5b.biglobe.ne.jp/~hilihili/keitou/mizika/seesk-others/harigane01.html

寄生あるいは自由生活を行う、非常に単純な形態をした動物で、
成体は一本の線でしかありません。まさに針金虫です。
体表(角質)は、触るとかなり堅めな感触です。
ちなみに堅いとはいっても金属みたいな堅さではありません。
体は自由に曲がりますが、伸び縮みができません。
ウネウネと動き回るだけです。ミミズのように前進したりはしません。
ただもがくだけです。

正直いってあまり気分の良いものではありません。

寄生するハリガネムシの宿主はカマキリなどの昆虫で、
その体内に寄生します。

ハリガネムシは水中で産卵するので
最終的に宿主から脱出しなければいけません。
(抜粋)


試しにカマキリを見つけたら水に入れてみたら・・・。
恐ろしい光景を目撃できるかも知れませんよ~。






最後までご覧頂きありがとうございます。
いつもご訪問&コメントありがとうございます。
コメントまでは...という方も、
お帰り前に「応援ぽち」をしていただけると、うれしいです。

↓↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

<<観賞魚(メダカ)のランキングが表示されます。>>
(^^) あなたの応援が更新の励みです! (^^)






スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://katsuyuki99.blog.fc2.com/tb.php/799-fdb35faf