-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-05-08 08:00 | カテゴリ:未分類


こんにちは

毎日のように産卵を繰り返している幹之ですが、
稚魚も続々産まれています。

IMG_0686.jpg

IMG_0155_2014050721360284d.jpg

IMG_0156_201405072136056a3.jpg

IMG_0166.jpg

稚魚の写真も撮りました。
産まれて一週間ほどの稚魚です。

IMG_0282_2014050721363633e.jpg

メダカの卵は水温が累計で250℃で孵化します。
つまり水温が25℃なら約10日、20℃なら約13日ほどです。

IMG_0270_20140507213626a61.jpg

孵化したばかりの赤ちゃんメダカは卵胞という栄養素を
お腹に抱えていますのでエサは食べません。
写真の仔は一週間ほど経っているので卵胞はありません。
粉餌を食べています。

IMG_0276_2014050721363072e.jpg

しかし孵化後3日から14日くらいが大切な時期となります。
毛子(針子)にはできるだけ細かい粒子のエサをあげましょう。
餌を食べられない針子は死んでしまいます。

IMG_0278.jpg

一ヶ月もすると成長差が見られます。
孵化が遅れた仔、餌を上手く食べられない仔は、
大きな仔にいじめられたり、食べられたりします。
一回目の選別も考える時期でしょう。

IMG_0290.jpg

稚魚の生存率をどうしたら上げられるか?
日々勉強です。
稚魚を育て上げる、飼育者の責任でもありますね。

IMG_0165.jpg

IMG_0163.jpg

立派な成魚に育ちますように!






最後までご覧頂きありがとうございます。
お帰り前に「応援ぽち」をしていただけると、うれしいです。
(^^) あなたの応援が更新の励みです! (^^)

↓↓↓↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

<<観賞魚(メダカ)のランキングが表示されます。>>






スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://katsuyuki99.blog.fc2.com/tb.php/992-d977e8c5